6月6日 市内交通事故多発地域展を開催

展示物を見ている様子
写真展の様子

6日から27日まで、クリエイトセンターの市民活動センター交流サロンで市内交通事故多発地域写真展を開催しています。これは、市内においても交通事故の発生が後を絶たないことから市民活動センターが事故の予防と発生の減少のためにと、毎年行っているものです。

会場では、平成28年度に交通事故が多かった場所のワースト12の写真を展示しています。展示している写真は茨木警察署交通課の協力のもと、市民活動センターの運営委員が撮影したものです。

市民活動センター長の奈良平さんは「より多くの人に見てもらって、これを機により強く交通安全の意識を持ってもらいたい」と語りました。

会場を訪れたという市民は、「展示されていたほとんどの場所が知っているところで、今まで何気なく通っていたが、改めて交通安全には気を付けていきたいと思った」と真剣な表情で話していました。