5月17日~21日 第60回茨木市写真展・「第28回茨木市民さくらまつり」写真展を開催

写真展の様子
さくら祭写真展の様子

5月17日から21日まで福祉文化会館3階で、市民文化の向上を図ることを目的に、第60回茨木市写真展と「第28回茨木市民さくらまつり」写真展(茨木市写真展実行委員会・茨木市民さくらまつり実行委員会主催)を同時開催しています。

市写真展では、102点の応募の中から16点が入賞作品に選ばれました。最優秀賞の市長賞(金賞)には、横倒しになった大型船とそれを眺める人物をモノクロで切り取った、大阪市の八木秀清(やぎひできよ)さんの「ヒューマンエラー」が選ばれました。

また、「茨木市民さくらまつり」写真展では、3月31日から4月9日まで元茨木川緑地で開催された、市民さくらまつりの様子を撮影した36点の作品の中から、9点が入賞作品に選ばれました。最優秀賞のさくらまつり実行委員長賞には、さざなみに揺れる桜と赤白幕が風の流れを感じさせる、吹田市の山下豊(やましたゆたか)さんの「残像」が選ばれました。

訪れた人は、「長年作品を応募していたが、今回孫娘を撮影した作品で初めて入選したので嬉しい。今後の励みになる」「さくらまつりの写真は人物に注目したもの、背景を主に映したものなど、色々な工夫があって面白い」と話していました。

なお、5月25日から30日まで茨木市立ギャラリー(阪急茨木市駅ロサヴィア2階)で入賞作品と審査員作品を展示する、第60回茨木市写真展・「第28回茨木市民さくらまつり」写真展入賞作品展を開催します。