4月10日 見山地区で市老人クラブ連合会が春季ハイキング

ハイキングをする市老連の会員
見山の郷に向かう市老連の会員

10日、恒例の市老人クラブ連合会主催の「春季ハイキング」が行われ、約140人の参加者が忍頂寺スポーツ公園から見山の郷までの約2キロメートルの道のりを約1時間かけて歩きました。この行事は健康と生きがいづくりのために、同連合会が毎年実施しているものです。

当日、参加者は忍頂寺スポーツ公園に集合し、茨木警察の協力により行われた安全指導に従いながら、目的地の見山の郷を目指しました。少し肌寒い中でしたが、桜や水仙など見山の自然を楽しみながら歩いていました。

参加者は、「少し肌寒かったけどハイキングをして体が温まりました」と恒例行事を満喫していました。