2月3日 郡幼稚園で節分の行事を開催

鬼退治をする園児たち
年齢プラス1粒の豆を食べる園児たち

3日、郡幼稚園で節分の行事が開催されました。園児たちは、折り紙で豆を入れるための入れ物を作り、先生から節分について話を聞きました。「鬼は外!福は内!」と豆を投げるのは、泣き虫鬼やわがまま鬼、怒りんぼ鬼など、自分の心の中の鬼を追い出すためと教えてもらい、園児たちは、先生が煎った豆を「いい匂い」と嬉しそうな様子で自分の年齢プラス1粒の豆を食べました。

豆を味わった後は、園庭に出ていよいよ豆まきの時間。いざ豆をまこうとしたところに、赤鬼と青鬼が登場。鬼に向かって、「鬼は外!」と言いながら豆を投げる子どもや怖がって泣き出す子ども、逃げ回る子どもなどで園庭は一挙ににぎやかになりました。園児たちは勇気を振り絞って鬼をやっつけ「やった!鬼を退治したよ」と嬉しそうな笑顔に戻りました