1月27日~29日 茨木市老人クラブ連合会主催 第45回作品展を開催

五月人形の作品を見る市民
作品の時計を見る市民

27日から3日間、生涯学習センターきらめきのきらめきホールで、茨木市老人クラブ連合会が主催する作品展が開催されました。この作品展は、高齢者の趣味を披露する場を設けることを目的に開催されており、今年で45回目となります。

作品展では、老人クラブ会員が書・絵画・写真・彫刻・工芸・手芸などの作品を制作し、全部で200点を超える作品が集まりました。出展者の年齢は60歳代から90歳代までと幅広く、知恵と工夫が詰まった、個性豊かな作品展となりました。

作品展に訪れた市民は、「五月人形の作品が豪華で、とてもきれいで感動しました。作った方を尊敬しなければいけないですね」と感激した様子でした。