12月10日 きらめきフェスタ2017を開催

工作を行う親子
出店での販売の様子

10日、生涯学習センターきらめきで、きらめきフェスタ2017を開催しました。これは、同センターの主催講座や活動団体等が日頃の活動の成果を発表するとともにグループ内外の交流を促進し、さらには来場者に「生涯学習」について興味を持ってもらうことを目的に毎年開催しているイベントです。今回のフェスタには、17講座を含む70団体が参加しました。

今年の来場者は2647人。コンサートや各種講座など新たなコーナーを追加したこともあり、例年より多くの来場者が訪れました。特に人気が高かったのは、エントランスホールでの生演奏で、多くの方がジャズやクラシックなどさまざまなジャンルの演奏を楽しんでいました。また、「味わいコーナー」に、従来からの「手打ちそば」とともに、今回から茨木産の野菜や加工品を取り扱う「みしま館」と「見山の郷」が加わり、それらを目当てに訪れた人も多く見られました。
訪れた市民は「体験型の講座が多くて、楽しみながら参加することができました。今後、講座や団体活動にも参加したいと思います」と笑顔で話しました。