11月9日 水尾幼稚園の園児がみかん狩りを体験

みかん狩りを行う園児
みかん狩りを行う園児
みかん狩りを行う園児

11月9日、認定こども園水尾幼稚園(真砂二丁目3番2号)の5歳児63人が、市内の農園でみかん狩りを体験しました。

爽やかな秋空の下、オレンジ色に輝くみかん畑を見て、大喜びの園児たち。先生の合図でいっせいにみかんの木に駆け寄ると、園児たちは木をじっくりと観察し、色が濃く大きい実を見つけると、自分の背より高いところにある実にも思いっきり手を伸ばしました。「見て!大きいみかん見つけたよ!」と、小さな手で大きなみかんを収穫した園児たちの笑顔が農園に溢れました。

みかん狩りのあとはお弁当を広げ、自分たちが収穫したばかりのみかんをデザートとして試食しました。園児たちはもぎたての実を口いっぱいにほおばり、「甘くておいしい!」と満面の笑みを浮かべました。農園の方は「今年は不作の年であるうえに、10月の長雨と2度の台風でみかんが落ちてしまった。園児たちに今年の出来を喜んでもらえるか心配していたけれど、みんなが美味しそうに食べてくれて安心した」とほっとした様子でした。