6月18日 お天気キャスター正木氏が尊重し合える夫婦円満・子育ての「ルール」を語る

正木明さんが講演をしている画像

18日、ローズWAM(元町4-7)で、気象予報士でお天気キャスターの正木明さんを講師に招き、男女共同参画週間記念講演会「パパはお天気キャスター~子育て、家事、互いを尊重し支え合う正木家のルール~」を開催しました。この講演会は、国が定める6月23日から29日までの男女共同参画週間に先立って、男女共同参画の啓発を目的に行われました。

正木さんは、講演会の冒頭、天気予報をテレビ放送のようにライブで再現しながら予報の見方や豆知識、お天気キャスターとしてのライフスタイルを紹介した後、子育てや家事について正木家のルールなどを交えながらお互いを尊重し支え合うことの大切さについて講演しました。

まず、正木家のルール、「子どもをよく褒める」、「家事は担当を時々変えながら分担する」、などを紹介。そして正木さんは、「子どもを叱るとき、すぐに感情的になることはよくない。子どもの話をよく聞いて、なぜそうしたかを確認することで子どもとの信頼関係は生まれる。夫婦間でも話し合いをよくするし、そのおかげで夫婦がお互いを尊重し合い支え合って夫婦間の仲も子育てもうまくいっている」と話し、正木家での出来事を例に挙げながら子育てや、夫婦円満のコツについて自論を展開しました。

講演会の後半には、福岡洋一市長も飛び入り参加し、自身も3歳の子どもを持つ父親ということから、子育てやワークライフバランスについて正木さんに質問しながら対談をしました。

最後に正木さんは、「子育てや家族関係を円満にするために、忙しい人も、そうでない人も家族との時間を大切に過ごしてほしい」と思いを述べて講演を終えました。

参加した人からは、「いつもはお天気キャスターとしての正木さんを見ていますが、今日は父親という違う面からの正木さんを見ることができて、楽しく貴重な時間を過ごせました」や、「今日の講演を聞いて正木さんはやさしいパパなんだなということが伝わってきました。正木さんみたいなパパが増えてくれたらいいなと思いながら聞いていました」などの感想があり、正木さんの熱い思いが会場に広がった様子でした。