6月13日 まだまだ元気! シニアニュースポーツ大会を開催

ラダーゲッターをする89歳の男性の画像
大会の前にラジオ体操をする参加者達の画像
輪投げをする参加者の画像

13日、福井市民体育館で市老人クラブ連合会が主催するニュースポーツ大会が開催されました。この大会は、健康維持を目的として開催されているもので、当日は、65歳から89歳までの市民59人が参加し、ラダーゲッターやディスコン、公式わなげなど5つのニュースポーツで汗を流しました。

ニュースポーツとは、子どもから高齢者まで、普段あまりスポーツをしないような人でも楽しめるようにと工夫されたスポーツです。ラダーゲッターは、ロープにつながれた2つのボールをはしご(ラダー)に引っ掛けて、得点を競うスポーツ、ディスコンは、円盤を投げ、ポイントまでの近さを競うスポーツです。

参加者の女性は、「やったことのないスポーツばかりでしたが、ルールがわかりやすくてすぐにできました。体を動かせて気持ちよかったです」と話し、大会参加最高齢の89歳の男性も、「私たち高齢者でも十分楽しめました。まだまだ元気ですので何歳になってもやりたいと思います」と力強くで話していました。