3月23~25日 多彩な作品を展示 老人クラブ作品展

作品を見る市民の画像
作品を見る市民の画像
作品を見る市民の画像

3月23日~25日、生涯学習センターきらめきホールで、市老人クラブによる作品展が行われました。この作品展は、老人クラブの会員が心を込めて作製した書・絵画・写真・彫刻・手工芸など多彩な作品を展示し、多彩な老人クラブ活動を紹介することをねらいとしています。

今年で44回目となる作品展には、岬やバラ、白菜などさまざまなテーマの絵画や、木目込人形のおひな様、籐工芸による「見ざる、言わざる、聞かざる」のさる、干支をモチーフにした壁掛けなど趣向を凝らした256点もの作品が展示され、多くの人が訪れました。
 

作品を出品した男性は「こういう場で自分の作品を人に見てもらえるのはとてもうれしい」と話しており、作品を友達と見に来た女性は「どれも繊細でかつ個性があふれる作品ばかりですね」と目を見張っていました。