8月27日 祝!銀メダル!!リオ五輪 レスリング男子フリースタイル57キロ級 樋口黎選手が市長表敬訪問

樋口選手に銀メダルを見せてもらう市長の写真
樋口選手を応援する懸垂幕の写真

リオデジャネイロオリンピックに出場し、レスリング男子フリースタイル57キロ級で見事銀メダルを獲得した茨木市立西陵中学校出身の樋口 黎(ひぐち れい)選手(日体大)が27日、両親らとともに福岡洋一茨木市長を表敬訪問し、結果を報告しました。

日本代表ジャージに身を包んだ樋口選手。胸には栄光の印である銀メダルが輝き、市役所職員に祝福の拍手を受け、少し照れた様子も見せながら落ち着いた雰囲気で登場しました。

はじめに、市長から「銀メダル獲得、おめでとうございます」との祝いの言葉に、樋口選手は少しはにかみながらも「ありがとうございます」と答え、お祝いの花束を受け取りました。また、「試合前に気持ちを高めるために何かしていますか」との質問に対し、「ルーティンではないですが、試合前の柔軟体操など同じ内容で行っています」と答えました。父親の篤さんも「試合を観ていてどのように感じたか」という問いに、「最初の試合を圧勝したので、メダルは取れるのではないかと思いました」とメダル獲得への期待を膨らませながら見守っていた様子を話しました。

最後に市長から「東京オリンピックに向けて期待が高まっているが」との問いに、「今回、金メダルを取るのに何が足りなかったかは、この4年間で見つけていきます。そのためにも練習に励んで、金メダルを取って今まで応援していただいている方々に恩返しがしたいです」と力強く語りました。

なお、市では、銀メダルを獲得した樋口選手の健闘を称え、市庁舎東側に「祝銀メダル リオオリンピック レスリング男子フリースタイル57キロ級 樋口 黎選手」と書かれたに懸垂幕を設置し、祝福ムードを高めるとともに、樋口選手の今後の活躍を応援します。