4月18日 総持寺で伝統行事の「庖丁式」

庖丁士が鯛をさばいている様子の写真
さばかれた後の鯛の写真
庖丁士が鯛をお箸と庖丁で扱う様子の写真

18日、正午から、高野山真言宗補陀洛山(ふだらくさん)総持寺(総持寺一丁目)の伝統行事の一つ「庖丁式」が行われました。

この行事は、西国22番札所として知られる同寺の本尊造立の際、開山中納言藤原山蔭が本尊を彫る仏師に千日間にわたり、毎日異なる献立で料理をもてなしたことにちなんで、本尊開扉法要と同じ4月18日に毎年行われています。現在行われている形式は室町時代から伝えられていて、当主が来賓を前にして、座敷にまな板をおき、料理をして見せたことに由来しています。

式は料理の神様として慕われる中納言を奉る境内の山蔭流庖丁殿(開山堂)で行われました。庖丁式で腕前を披露するのは、総持寺山蔭流京奉会から選ばれた清水誠さんです。直垂(ひたたれ)、烏帽子などといった平安時代の装束に身を包み、右手に長さ約30センチの庖丁、左手には真魚箸(まなばし)を持って、魚には一切手を触れずに調理する華麗な庖丁さばきを披露しました。今年は、総持寺山蔭流京奉会正式発足のお祝いを込めて鯛を使いました。堂内に流れる雅楽の調べに合わせ鯛をさばいていき、鯛が蝶結びの形になったところで、観客からは歓声と拍手が起こりました。庖丁式終了後、腕をふるった清水さんは「緊張しましたが、無事終えられてホッとしました。」と語り、訪れた男性は「今回初めて来ましたが、非常に厳かな雰囲気でよかったです。包丁とお箸のさばきが素晴らしかったです。」と話していました。