7月14日 佐竹食品から市内障害者施設にすいかの寄贈

佐竹食品の梅原社長に感謝状を贈呈する木本市長の画像
すいかを受け取る利用者の画像
贈呈されたすいかの画像

14日、佐竹食品株式会社から、市内障害者施設にすいかの寄贈があり、市から感謝状を贈呈しました。

同社から、258玉のすいかが市内54か所の障害者施設に贈られました。同社は、社会福祉への貢献活動として施設等への寄贈を行っており、本市にも平成21年から、夏にすいか、冬にクリスマスケーキとみかんを市内の福祉施設に寄贈しています。

寄贈を受ける施設を代表して贈呈式に出席した市内事業所の「ハーモニー」の利用者と職員は、「ありがとうございます。皆でおいしくいただきます」と笑顔ですいかを受け取りました。