4月17日 色鮮やかな作品の数々 「生花展」開催

展示されている華やかな黄色の生花の写真
茶席で着物を着て抹茶を味わう人の写真
笑顔で生花を鑑賞する市民の写真

17日、市立生涯学習センターきらめき(畑田町1-43)で第58回茨木市生花展が始まりました。

同展は、生花作品を広く市民から公募し、生花鑑賞の機会を設けて市民文化の向上を図ろうと毎年開催しているもので、楽しみにしている市民の方も多いです。

今回は、流派を問わず応募のあった111点が展示されています。会場は、バラ、ひまわり、カスミソウ、撫子などの色とりどりの花を使用した個性豊かな作品が飾られ、華やかな雰囲気が漂っています。

若手芸術家の育成を兼ねた小・中学生が対象のジュニア部門の今年の出品数は9点です。折り紙や人形を使うなど、どの作品も工夫がこらされていました。

また、会場には茶席(300円)が設けられ、生花鑑賞の合間に抹茶と和菓子を味わう人もいます。

会場を訪れた人たちは、「毎年来ていますが、どの作品もとてもきれいですね」と色鮮やかな作品の数々を楽しんでいました。