2月20日 北幼稚園の園児たちが追手門学院大学の吹奏楽団と交流

演奏する学生と踊る園児の画像
お弁当を一緒に食べる園児と学生の画像

20日、北幼稚園で、追手門学院大学交流会が行われ、園児たちは大学の吹奏楽団と交流し、楽しく交流の時間を過ごしました。これは、追手門学院大学の地域交流の一環で毎年行われているもので、在園中の園児だけでなく、来年以降入園する子どもたちも招き、広く参加できるようにしています。

交流会では、吹奏楽団による演奏が行われました。「アンパンマンマーチ」や映画「アナと雪の女王」の劇中歌「レット・イット・ゴー」など園児たちが知っている曲を演奏すると、園児たちは曲に合わせ自然と歌ったり、体を動かしたりと大いに楽しんでいました。「演奏はこれでおしまいです」と学生が言うと、園児たちは手拍子と共に「アンコール、アンコール」と大きな声をあげました。学生たちがそれに応え、アニメ妖怪ウォッチの「妖怪体操第一」を演奏すると、園児たちは大喜び。学生も一緒に踊り、皆で盛り上がりました。演奏終了後に、園児たちは「すごく上手だった」「楽しかった」などの感想を伝え、「お兄さん、お姉さんありがとうございました」と感謝の言葉を送りました。その後、一緒にお弁当を食べ、鬼ごっこをしたり、学生が園児に絵本を読み聞かせたりと、楽しい一時を過ごしました。

交流会終了後、学生は「園児たちが思っていた以上に喜んでくれて良かった。私たち学生も心温まるような交流ができ、とても貴重な時間を過ごせました」と笑顔で話しました。