5月18日 若園公園バラ園で南中学校の吹奏楽部がコンサート

コンサートの様子
コンサートの様子
コンサートの様子

18日、バラが満開をむかえた若園公園バラ園(若園町、真砂二丁目)で、青空のもと、市立南中学校(若園町6-41、柴田芳明校長、生徒数777人)の吹奏楽部95人が定期コンサートを開催しました。

毎年恒例となっているバラ園コンサートは、今回で20回目をむかえ、毎年多くの人が足を運んでいます。今年も色とりどりのバラが大きく花びらを広げ、甘い香りが漂う中、「コンサートマーチ『青葉の街で』」など全6曲とアンコール曲「ディスコキット」を演奏しました。また、今年は「恋するフォーチュンクッキー」の演奏に合わせてダンスを披露するなど、新たな試みも行いました。観客が演奏に合わせて手拍子をする場面も見られ、園内は吹奏楽部と観客が一体となって盛り上がりました。

吹奏楽部顧問の柏崎教諭は、「演奏はこれからもっともっと上達しなければいけないと思いますが、今日のコンサートでは部員全員が楽しく演奏できたのでよかったです。いつもは部屋の中で演奏するので、屋外での演奏は音のはねかえり等の感覚が普段と変わり、生徒らにとっていい勉強になりました」と話していました。

観客は「美しいバラに囲まれて吹奏楽の演奏を聴くことができ、感動しました」と話していました。

なお、平成6年4月にオープンした同園内には、約150品種、2300株のカラフルなバラが中央にあるベンチや噴水を取り巻くように咲きほこっており、特にバラが満開になる春と秋には市内外から多くの人が訪れます。