4月21日 福井幼稚園で交通安全教室

(写真)歩行実習で止まれの標識を習う親子
(写真)交通ルールを教える人形劇を見る園児

21日、福井幼稚園で道路交通課と茨木警察署による交通安全教室が行われました。これは、園児たちに交通ルールを身につけてもらい、道路での交通事故の防止を目的として行われたもので、毎年実施されています。当日、遊戯室に集まった園児たちはまず、茨木市の観光特任大使のいばらき童子や子育て応援キャラクターのいばらっきーちゃんが登場する人形劇で、危ない行為や場所の説明を受けました。その後、警察官が信号機や標識の絵を使って交通ルールを分かりやすく紹介。園児たちは食い入るように見て、交通ルールを楽しく学んでいました。

説明を受けた後は園庭に出て、4歳児は保護者と一緒に、5歳児は一人で、用意されたコースを歩く歩行実習に臨みました。外は曇り空でしたが、園児たちのあふれる元気のおかげか、雲間から陽が射す瞬間もありました。園児たちは人形劇や警察官から学んだとおり、止まれの標識や信号機を見て左右を確認するなど、交通ルールをしっかりと守っていました。