2月27日 春季火災予防運動に伴い三井倉庫で消防訓練

はしご車で救助の様子の画像
はしご車に乗り込む三井倉庫写真の画像
救助される要救助者の画像

27日、3月1日から行われる春季茨木市火災予防運動に先がけて、三井倉庫で消防訓練を行いました。
訓練は三井倉庫内5階で出火した想定で実施され、119番の通報訓練にはじまり、三井倉庫社員の避難訓練、市消防隊による消防活動・救助活動を行いました。
救助活動では、屋上に逃げた4人の社員をはしご車を使用して救助した。地上35メートルの高さの中、安全を確認しながら、はしご車に乗り込むと、無事、全員を地上まで送り届けました。
今回、訓練を行った、三井倉庫株式会社の矢田所長は「三井倉庫は特殊なつくりになっているので、事前に共同で訓練することで、有事の際に役立てたい」と話していました。