2月24日 JR茨木駅舎改良の基本協定を締結

締結書を持って握手する木本市長と蔵原JR西日本京都支社長

24日、市と西日本旅客鉄道株式会社が、JR茨木駅利用者の利便性向上ならびに本市の玄関口としてのイメージアップやにぎわい創出を図るため、駅構内へのエスカレーター設置などの駅舎改良を相互に協力して進めることについての基本協定を締結しました。

今後、本格的な駅施設改良工事を平成27年度から開始し、駅構内エスカレーターは平成29年春、増床店舗は平成30年春に供用を開始する予定です。

JR茨木駅舎改良計画図