12月24日 いばらきサンタが子どもたちにプレゼント

プレゼントを渡すいばらきサンタ

クリスマスイヴの24日、「いばらきサンタ」が府立茨木支援学校や市内の児童養護施設を訪れ、子どもたちにクリスマスプレゼントを手渡しました。

いばらきサンタは、「子どもたちに夢や希望を大切にしてもらい、喜びを感じてもらいたい」という思いから、昭和56年(1981年)から毎年クリスマスの時期に、児童養護施設等の子どもたちにプレゼントを配っています。最近は市内だけでなく東北なども訪れ、子どもたちの笑顔の輪を広げています。

府立茨木支援学校を訪れたいばらきサンタは、鈴の音にのって、トナカイと一緒に小学部から高等部までの各教室をまわり、一人ひとりにプレゼントのチョコレートを手渡しました。いばらきサンタが来ると知らされていなかった子どもたちは突然の訪問に大喜び。プレゼントを受け取った子どもたちは、「やったー」「サンタさんありがとう」など、笑顔で喜びの声をあげていました。