11月27日 日本と違う文化にビックリ 山手台小学校で国際交流教室

国際交流教室の様子
一緒に給食を食べる様子

27日、山手台小学校で、実用日本語学習会による「国際交流教室」が開かれ、3年生77人が外国の文化について学びました。これは、普段触れることの少ない外国の文化について肌で感じ、知ることを目的に行われました。

アメリカ、ベネズエラ、中国、韓国、モンゴル、タイ出身の6人のゲストティーチャーが、それぞれの言葉や文化、遊びなどについて児童たちに紹介しました。児童たちは「すごーい」「日本と全然違う」など、日本と外国の色々な違いに驚きの声をあげていました。また、民族衣装を着たり、伝統楽器に触れたりして、普段なかなかできない体験に目を輝かせていました。最後にゲストティーチャーと一緒に給食を食べながら、質問したり、談笑し、楽しい一時を過ごしました。

授業の終了後、児童は「日本と違う文化にビックリした。給食を一緒に食べられて楽しかった」と笑顔で話しました。またゲストティーチャーの1人、アメリカ出身のブランドンさんは「自分の国のことを知ってもらうことができて嬉しかった。子どもたちがとてもかわいくて、僕も楽しかった」と話しました。