11月9日 市民活動応援フェスタを開催

9日、クリエイトセンターで市民活動応援フェスタを開催しました。これは、市民活動のさらなる活性化を目的に開催しており、今年で5回目。市民活動センターに登録している60以上の団体が参加し、普段の活動の様子をパネル展示や作品販売、舞台発表などで紹介しました。

フェスタは、鳥取大学医学部教授の浦上克哉さんの講演でスタート。スライドを使いながら認知症の正しい理解と効果的な予防法についての説明があり、多くの人が耳を傾けていました。

活動紹介ブースのほかには、子ども向けの遊びやおもちゃづくりができるいばらきキッズ広場、体力測定や健康カウンセリングが受けられる健康応援ブース、手作りのカレーや山菜おこわが食べられる食コーナー、体操やダンスに参加できる体験コーナーなど、さまざまなプログラムがありました。出展者同士でブースをのぞき合い交流を深めたり、親子で参加し楽しんでいる様子がうかがえました。

参加した市民は、「団体の数の多さと多様さに驚きました。どの団体の人もいきいきとしていたので、こちらも楽しめました」と話していました。

浦上克哉が講演を行っている画像

浦上克哉さんによる講演

クッキーの販売が行われている画像

活動紹介ブース

ヨーヨーつりをする親子の画像

いばらきキッズ広場

元気いばらき体操を踊っている画像

体験コーナー