11月 児童虐待防止推進月間キャンペーンを実施

11月は、児童虐待防止推進月間です。市では、児童虐待と虐待情報の通報に対する市民の皆さんの理解を深めるとともに、児童虐待の早期発見・早期対応を図り深刻化を防ぐため、キャンペーンを実施しています。

街頭啓発キャンペーン

啓発セットを配るいばらっきーちゃん

4日にイオン茨木、5日にJR茨木駅前と阪急茨木市駅前、7日に茨木阪急通商店街で、街頭啓発キャンペーンを行いました。

5日は、児童、女性、障害者、高齢者への虐待防止に関する啓発チラシと付箋などのセットを約4000セット配布。JR茨木駅には、子育て応援キャラクターのいばらっきーちゃんも登場し、虐待防止を呼びかけました。

オレンジリボンキャンペーン

ツリーにオレンジリボンを飾る母親

30日まで、市内の施設(市役所本館・南館、合同庁舎、ローズWAM、中央図書館)にツリーを設置しています。子どもたちの明るい未来を表すオレンジ色のリボンを用意していますので、児童虐待の根絶を願い、ツリーにリボンを飾りましょう。