11月5日 武田忠義元市消防長が、瑞宝小綬章受章を市長に報告

武田元消防正監と木本市長、山本消防長
瑞宝小綬章の証書

11月3日、平成25年度の秋の叙勲が発令され、元市消防長の武田忠義さんが瑞宝小綬章を受章しました。5日、武田さんは市役所を訪れ、木本市長に受章の報告をされました。

武田さんは昭和36年に消防士として採用され、平成12年5月から15年3月までの間、消防長を勤められました。その41年余りの長きにわたる功績が評価され、今回の受章となりました。

武田さんは「今回の受章は私1人の功績ではありません。周囲に助けられながら、市民のために力を尽くしてきたことが評価され、大変光栄です」と、謙虚に喜びを語っていました。