7月8日 福井小学校で福井高校の英語教師が出張授業

英語で「静かに」を学ぶ児童を撮影した画像
目隠しで生徒の声が分かるかに挑戦している先生の様子を撮影した画像
英語で伝言ゲームを行っている様子を撮影した画像

8日、府立福井高校の英語教師で、オーストラリア出身のナリン先生が、市立福井小学校で英語の出張授業を行いました。これは、小学5・6年生を対象に、早い段階から楽しく英語に触れ、親しむことを目的に行っているものです。

授業の前半では、「Nice to meet you.」(はじめまして)のあいさつの練習を行いました。また、担任の先生が目隠しをし、児童の「Nice to meet you.」の声と握手の手を頼りに、誰かを当てるというゲームを行いました。結果はさすが先生、全て正解をし、児童たちから驚きの声が上がっていました。

後半では、「Stand up」(立つ)、「Sit down」(座る)、「Turn around」(回る)、「Clap」(手をたたく)という4つの動作を組み合わせたものを、伝言ゲームの要領で言葉で伝え、最後の児童が正しくジェスチャーできるかというゲームを行いました。ゲームは4つのグループの対抗戦形式で行われ、児童たちは他のチームに負けまいと、一生懸命取り組んでいました。

ナリン先生は「小学生は元気いっぱいで、ゲームにも積極的に参加してくれて楽しいですね」と笑顔で話していました。