5月2日 初期消火の功績 消防協力者への感謝状贈呈

消防署長から感謝状を贈呈される下岡氏

茨木市駅前三丁目で発生した建物火災において、消防協力をした高槻市在住の下岡卓夫さんに、消防長から感謝状が贈られました。

4月18日午後1時23分ころ、駅前三丁目の民家でガス爆発火災が発生しました。その付近に居合わせた下岡さんは、爆発音を聞き、火災発生現場に駆け付けました。下岡さんは、建物内から悲鳴があがっているのに気付き、危険を顧みず建物内に進入しました。台所の流し付近から炎が数か所あがっていたため、濡れタオルと洗い桶を使用して水道水をかけ、初期消火を行いました。その後、現場に駆け付けた消防隊により、消火および人命救助がされました。

市消防本部は、下岡さんが火災を早期発見し、とっさの判断で適切な行動をとり、効果的な初期消火活動を行ったことにより、被害を最小限に抑えたとして、感謝状を贈呈しました。

下岡さんは介護士として市内に勤務しています。感謝状を贈られた下岡さんは、「日ごろから、困っている人がいたら、助けようと心掛けています。また、以前に消防の救命講習を受けたことがあり、その知識を生かすことができました。」と話していました。