4月17日 小豆島町長、議長、ヤノベケンジ氏による市長表敬訪問

「瀬戸内国際芸術祭2013」パンフレットを持ってほほ笑む木本市長、塩田町長、ヤノベ氏を撮影した画像

17日、茨木市の姉妹都市である小豆島町から塩田町長、秋長議長、谷議員、谷本総務課課長補佐が、元茨木市在住の現代美術作家・ヤノベケンジ氏とともに、「瀬戸内国際芸術祭2013」のPRを兼ねて、市長を表敬訪問しました。

現在開催されている「瀬戸内国際芸術祭2013」は、瀬戸内海の島々が主に会場となり、小豆島町や小豆島ジャンボフェリー内に、ヤノベ氏の作品も多く展示されています。今回の話題作として注目が集まっている、ビートたけしさんとのコラボレーション作品「ANGER from the Bottom(地底からの怒り)」を中心に、ヤノベ氏から写真を交えて紹介がありました。

ヤノベ氏は、「南茨木駅前に『サンチャイルド』を制作した時も、地域の方々に祝っていただきましたが、小豆島町では、島の各神社が芸術祭に合わせてお祭りを行い、その盛り上がりに驚きました。茨木市の皆さんにも芸術祭を見に来ていただき、アートを軸に茨木市と小豆島町の交流が深まれば良いと思います」と力強く語られました。皆さんもぜひこの機会に、ヤノベ氏の作品を見に、小豆島町を訪ねてみてはいかがでしょう。