3月7日 豊川小学校の児童がフィジーの文化と交流

ジュリアさんとクレラさんが交流会でフィジーの国や教育の制度について児童たちに紹介している様子を撮影した画像
児童がジュリアさんとクレラさんにお手玉を紹介している様子を撮影した画像
児童たちがジュリアさんとクレラさんにプレゼントとしてうたを合唱している様子を撮影した画像

7日、豊川小学校で、フィジー共和国の大使館から、参事官のジュリアさんと、書記官のクレラさんを迎え、1・2年生児童との交流会が行われました。

交流会では、フィジーの国や、教育の制度についての紹介がありました。フィジーの美しい海の映像が映し出されると、児童からは「きれい!」「行きたい」と声が上がりました。児童たちからはお返しにお手玉やけん玉といった日本の遊びの紹介や、歌のプレゼントがありました。

ジュリアさんは、「フィジーはまだ発展途上国で、日本にはフィジーのことをよく知らない人も多い。このような交流をきっかけに、小学生の皆さんにもフィジーのことを知ってもらい、今後さらに両国の交流が深まることを願っています」と話していました。