12月11日 太田小学校区放課後子ども教室が、文部科学大臣表彰を受賞し市長を表敬訪問

表彰状をもった京極委員長との記念写真

11日、太田小学校区放課後子ども教室「太田さくらくらぶ」実行委員会の京極孝夫委員長が、木本市長に「平成25年度優れた『地域による学校支援活動』推進に係る文部科学大臣表彰」の受賞を報告しました。

これは、地域全体で学校や子どもたちの教育活動を支援する活動のうち、その内容が特に優れ、他の模範として認められるものに対し、その功績をたたえ文部科学大臣が表彰するものです。同教室では地域で活動する方や専門知識を持っている方が多彩な講座を展開し、子どもたちに豊かな体験や様々な人との交流の機会を提供しており、学童保育との連携を進めている、とのことから受賞に至りました。

京極委員長は、「今回の受賞は、本格実施から6年目を迎える、茨木市の放課後子ども教室が積み上げてきた取組に対する評価であり、市全体の放課後子ども教室が、活発に運営されていることを示すものであると受け止めております。市からのサポートも充実しており、今後もよろしくお願いします」と喜びを伝えました。それに対し市長は「地域全体で、子どもたちの安全・安心な居場所づくりを進めていく機運が高まると心強い。今回の受賞を誇りに思う」と激励しました。